抽象➔転用って、具体的に何を書けばいいの?

ゆうゆうのこと

 

こんにちは! ゆうゆう(@yuu_uu_)です!

本日は、タイトルの通り

 

ゆうゆう
メモが素晴らしいのはわかった!
でも、具体的に何をどう書けばいいの……?

 

と途方に暮れているあなたのために書きます。

 

  • 抽象とはどんなことを書く?
  • 転用とはどんなことを書く?

 

決して、著者の前田さん自身が
提唱している方法ではありませんが、

あくまでもメモ習慣をつけるために
私が書いている方法について洗いざらいぶちまけます!

 

 

メモしたい!けど何を書いたらいいのかわからない!

 

抽象と転用って、
いきなり聞くと専門用語すぎて頭に入ってきませんよね……!

 

ゆうゆう
慣れてないと、一般人には厳しいよ!

 

抽象ってどういうこと?
転用ってどういうこと?

もっと噛み砕いて、
小学生でも分かりやすいように説明できないかな~~

と考えていて、
ようやくしっくりくる考え方に落ち着けました。

 

 

抽象=具体を基にした「思考の転換」

 

 

抽象=「なぜ?なぜ?なぜ?」攻撃!

「メモの魔力」の中では、
WHAT・WHY・HOWという言葉で説明されていますが

 

ゆうゆう
英語ができない私にはちんぷんかんぷんだよ~~!

 

ということで、
ひとまず「なぜ?」に特化させる作戦に出ました

何をおいても、まず「なぜ?」と自分に質問しちゃう。

結構びっくりするくらい、
答えがするすると導き出されるのでおすすめ

 

 

転用=現実に当てはめて考える

 

「なぜ?」で出てきた答えに対しては、
「これを現実に当てはめるとしたら?」と質問し返します

 

  • 現実に置き換えて考える
  • 具体的に行動するとしたら、どんなアクションを起こせるか?

 

この方向性で考えていくと、
最初の具体からは想像もつかないような答えに結びつきます

 

ゆうゆう
この変換具合が本当に楽しい!

 

癖になるので、ぜひ習慣にしてほしいです。

 

 

考えすぎない!とにかく書く

 

つらつらと書きましたが、
要は「あんまり考えすぎないでとにかく書くこと」

 

ゆうゆう
前田さんも、「メモは姿勢だ」って言ってたもんね!

 

正解・不正解はないのだと思います。
自分がしっくりくる答えでさえあれば!

 

メモを呼吸と同レベルにまで持ってくるには、
自分に合った書き味のペンとノートも必須だと思いますので

私のイチオシのペンとノートを紹介しておきます↓

 

 

 

PIROTから出ている「juice up」シリーズ!
手帳魔や記録魔はこぞって使っています。
書き味抜群です。

 

 

今、いろんなノートを試しに使っている段階ですが、
使い勝手も大きさも、このロルバーンが最強だなあと思いはじめてます。

あとは、小田桐あさぎさんの「魅力ラボ」で売られている
「魅力ノート」もおすすめ!

 

 

最初から線が引かれているし、
表紙も丈夫・ページ数もたっぷりあるので
100問やっても耐えられます。

 

ゆうゆう
自分に合った文具を見つけて投資しよう!

 

自己分析1000問に挑戦中の過程も、
こちらのnoteでまとめているので、参考にしてもらえたら嬉しいです↓