「欠点は強すぎる美点」だと私が力説する理由

ゆうゆうのこと

 


どうも!
ゆうゆう(@yuu_uu_)です。

 

私は自分のことが大好きです。

ただ、こう言うと
ナルシストだと思われたり
避けられたりしがちなんですよね。

 

ゆうゆう
「自分のことが好き」って
良いことのはずなのになんでだろう?

 

ちょっと考えてみました。

 

欠点は「強すぎる美点」なだけ

「ネガポ辞典」というのが
少し前に流行ったことをご存知ですか?

 

created by Rinker
主婦の友社
¥1,080 (2019/08/20 14:52:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

ゆうゆう
どんなにネガティブなことでも、
ポジティブに言い換えられるよ!

 

というコンセプトでつくられた、
ネガティブ語→ポジティブ語への
変換語録です。

 

これと同じで、
どんな欠点でも
「美点が強くなりすぎただけ」!

だと思えば、
いちいち自分の欠点を洗い出して
くよくよするのが時間の無駄だと思えてきませんか?

 

 

「自分が嫌い」なんて卑怯だ

そもそも、
「自分が嫌い」って自ら言っちゃうのって
ただの甘えだし卑怯だと私は思ってます。

 

たとえば、「人見知りアピール」する人も
「私は人見知りだから気を遣って!配慮して!」っていう主張だし。

「自信がない」っていうアピールも
「ちゃんと自信がないと思っているので、
大したものが作れなくても許して下さい」ってことだし

 

ゆうゆう
自分嫌いアピールって
何も生まないとおもう

 

それよりも、
自信が持てないなら持てるように

自分のことが嫌いなら好きになれるように
頑張ってる人の方が信頼できる

 

私はそう思っているので、
やけに卑屈な人からは距離を置くようにしてます。

一緒に仕事しても
良いもの作れなさそうだしね……!

 

なので、
全人類、自分を嫌いだと思う必要性は一切なし。

どんどん自分のことを好きになって、
「自分最高!」って言い続ければいいと思います

 

 

ブログ記事にする前のネタも
Twitterで日々呟いてます~!

よかったらフォローして、気軽にコメントください↓