車好きのためのミステリー!伊坂幸太郎『ガソリン生活』を読んだ

書評

こんにちは! ゆうゆう(@yuu_uu_)です。

今回は、伊坂幸太郎さんの『ガソリン生活』について書いていきます。
文庫化されているのを書店でたまたま見かけて購入。

伊坂幸太郎さん大好きなんですよ~~!
『チルドレン』とか『死神の精度』とか『重力ピエロ』とか、
このあたりは2~3回繰りかえして読みました。

井坂幸太郎さん好きのあなた、ぜひぜひ私にリプ&DM飛ばしてください……!

 

 

物を大切にしたくなるミステリー

伊坂さんの作風のなかで、わたしは上記のようなエンタメ感強めのものが好きです。
この『ガソリン生活』も期待に違わぬストーリー展開で、
読んでいて心がほーっこりとしました。

物語は終始、登場人物である「望月家」の人々の愛車である、
緑色のデミオ(通称「緑デミ」)から見た、一人称視点で語られていきます。

 

車が”意思”や”感情”を持っていてお喋りする世界!

物には感情がある、だから大切に扱いましょうね~~っていう話は、
小学校時代にさんざん教えられてきましたよね。

この『ガソリン生活』を読めば、自然と物に対して丁寧になってしまう自分に気づく、はず。

車視点の語り口がものすごくリアル。
緑デミの話すことが、ことごとく車目線としてリアリティがあって、

 

ゆうゆう
本当にこういうこと考えながら道を走ってるんだろうな……

 

って思わせられます。

緑デミ視点で話が進むので、
当然、彼(車に性別はないみたいだけど)が見たり聞いたりできる範囲のことしか語られません。

ですが、車同士の情報網を侮ってはいけない!

駐車場や路上に停められて、話の流れを担う登場人物たちが遠くに行ってしまっても、
周りにいる車たちが情報をくれます。

 

 

人が語る話と、車が語る話

人は知ってるのに車は知らないとか、車は知ってるのに人は知らないとか。

そこらへんの塩梅がなんとも絶妙で、読んでいて知らず知らずワクワクしてきます。

車なのに、人間よりも豊かな感情表現。
車たちの感情表現の記述も、まあなんとも、コミカルで面白いんです。

人が、ハッと驚いたときに、思わず口に手を当ててしまうように、
車は「思わずボンネットが開くようだ」とか……。

興奮すると、
「思わずワイパーが激しく左右に動くようだ」とか……

 

ゆうゆう
もちろん車なので、そんな気がしちゃうってだけ

 

物語は、ごく普通の母子家庭である「望月家」が、名家出身で有名女優の荒木翠を、
ひょんなことから緑デミに乗せることになる場面から動いていきます。

物騒な殺人事件や強盗事件、
望月家の次男である10歳小学生の亨くんを中心としたイジめ問題だったり、絡んでくる題材は割と重め

ですが、それを感じさせないくらいの軽快な語り口。
車視点から眺める人間世界ってこうなのね、と思わせられます。

かと言って、まったくドライな印象は感じさせません。
作中で緑デミ自身も言っているように、

「自家用車はどうしても、持ち主を贔屓目に見てしまう」

という習性が、どうもあるようです。

望月家と共に困難に立ち向かう!  うちの家族は並大抵のことでは、へこたれない!
という忠誠心というか、仲間意識みたいなものも、ちゃんと感じられます。

 

 

まとめ

最後の数十ページは読む手が止められませんでした。

そのあたたかい展開、結末に、「あ~~、これ、読んで正解だった~~!」って本を撫でたくなります

 

ゆうゆう
ものを大切に扱おう精神がはやくも発揮される

 

普段、車を運転する機会が多い方、車が好きな方には全力でおすすめ!

井坂幸太郎ちょっと肌に合わない、っていう方も、
この作品はエンタメ感強いので読みやすいですよ。

わたしは白のハスラーに乗っていますが、やつとは半年くらいの付き合いになります。
駐車する時とか、思ってるんだろうな……。

「もう少し白線のこと気にして!!!」とか、思ってるんだろうな……。