『嫌なこと全部やめたらすごかった』小田桐あさぎさんの生き様

書評

こんにちは! ゆうゆう(@yuu_uu_)です。

出来ることなら、嫌なことを何もしないで生きていきたい
29歳という良い歳ですが、中身は小学生の頃から進化していません。

ゆうゆう
働かないで楽に生きていきたい!

毎秒そう思っている私ですが、
この間、まさにそれを体現されている
小田桐あさぎさんの『嫌なこと全部やめたらすごかった』という本を読んだのでシェアします!

 

我慢しない、あたらしい生き方

我慢や努力が美徳とされる世の中ですよね。
とくに日本ってその風潮が全国でもとびきり強い

つらいことでも、くるしいことでも、
耐えて耐えて耐えきってきた人だけが偉い。尊重される。

そりゃあ”努力”は大事だよ。尊いものです。

人って自分の好きなことだけをしてたら、魅力的になる

でも、こういう生き方を選んで邁進している人もいます。

 

「努力が美徳」は前時代的

戦後の高度経済成長期に、
日本の復興のために苦心してきたひとたちには心からの敬意を払います。

この方たちが日本のためを思って”努力”してくれたからこそ、
いまの平和な日本がある。

それを踏まえた上で、わたしたちは今の時代・そしてこれからの時代を生きるべき

リスペクトを土台にしたうえで、未来に向けてなにができるかを考えましょう。

 

「自分を知り、自分だけの魅力で、人生を幸せに生きる勇気」

 

小田桐あさぎさんが率先しているこの生き方は、
もしかしたら賛否両論あるかもしれませんよね。

自己中心的だ!! って言われても仕方ないかもしれません。

けれど、自分の幸せを優先してなにが悪いのか。
まずは自分が満たされていないと他のひとを満たしてあげることもできない。

涙ぐましい努力だけが美徳とされていた時代は終わりました

これからは、自分の人生を幸せに生きる勇気をもってもいいんです。

 

ネックになるのはお金?

そんなこと言われたって、
100%自分の好きなようになんか生きられないよ!

会社に行って仕事しなきゃならないし、
そのほかの家事や雑務で、気付いたら1日終わってるよ!

って方が大半でしょう。
例にもれず、私だってそうです。

こういう風に考えてしまう要因として、お金のことは切り離せないですよね。

好きなことだけして生きていきたい

仕事したくない

辞めたい

でも辞めたら収入なくなる

嫌でも仕事しなきゃ……

という悪いループ。

あさぎさんは本書の中でこう言っています。

 

正しく勇気を出せば、お金は確実に増える

 

 

正しい勇気とは?

あさぎさんが言っている”正しい勇気”って何のことかというと、

  • 会社で責任のあるポジションに就いたり
  • 昇給の交渉をしたり
  • 起業や副業をしたり
  • SNSで発信したり
  • 親にお金を借りたり

といったこと。

私はこれに、「やりたくない仕事は思い切って辞める」というのも付け加えたいです。

今の仕事が好きじゃない人って、
もう何をやっても楽しくないものなんですよ。

仕事って人生の大半の時間を注ぎこむものですから、
それが楽しくなかったらもう何も楽しくない。人生まっくら!(まさに今の私です)

だから、楽しくなかったら思い切って辞める。

これも”正しい勇気”です。

現実的に考えて、後先考えずに衝動的に辞めるのは危険ですが(まさに今の私です)
その代わりにいろんなことをやってみたらいい。

手当たり次第に数打ちゃ当たるで、
そのうち『これだ!!!』っていう生きがいに運命的に出会うものです。

 

ゆうゆう
私にとってはそれがブログでした

 

 

価値観を根本的に変えたい人は読んでみよう

こちらの本をおすすめしたい人は、

  • 今の働き方に疑問を持っている人
  • 好きなことだけやって生きていく方法を知りたい人

です。
特にいま就活でひいひい言っている世代には絶対にささるものあります。

 

小田桐あさぎさんって何物!?
気になった方はこちらもどうぞ!↓

小田桐あさぎオフィシャルブログ「普通の女で終わらない。」
はあちゅうサロン内で行われたトークライブを文字起こししました!