喜田川泰さんの『手紙屋~蛍雪編~』は全人類が読むべき

書評

こんにちは! ゆうゆう(@yuu_uu_)です。

若い頃にめちゃくちゃハマって読んでた作家さんとかいますよね。
昔から読み返しているお気に入りの本があって、ちょっと今日はそれについて語ります!

 

『手紙屋~蛍雪編~』が好きすぎる理由

この作品は、前作『手紙屋』の続編となります。

前作『手紙屋』の主人公は就職活動中の大学生男子でしたが、
今回は大学受験を控えた女子高生が主人公。
今後の進路について悩む、ごく普通の女の子です。

『手紙屋』がもう大好きで、それこそ擦り切れるほど読みました。

 

受験生・就活生にはとくにおすすめ

読んだ当時わたしは社会人になって1~2年目くらいだったんですが、
就活中のあれこれが読んでいる間まざまざと思い出されて、

ゆうゆう
あー、これを読んでからだったら、就活も楽しんでやれたかもなー

と羨ましく感じながら読んでました。

これ、高校受験や大学受験を控える子達には全力でおすすめする
全人類読むべき。

 

 

『手紙屋』とは、手紙を通してより良く生きるヒントを教えてくれる人

この物語は、主人公の女子高生「和花」と、「手紙屋」との手紙のやりとりで主に構成されています。

手紙屋とは、
悩みを解決するヒントや考え方を、
10通の手紙を通して伝えることによって生計を立てている人

お礼は、「役に立った!」と思った分、
見合う分だけを自由に返してくれればそれで良し。

相場とか期限とかもありません。

ゆうゆう
もう、この設定だけでわくわくするよね……

実際にいてくれたら速攻で手紙送る。
10通のやりとりが終わっても、
名前とか住所とか変えてもう1回送る

それくらい、この『手紙屋』の教えてくれるメッセージは、深くてためになるんですよ。

実生活にも自然と応用できてしまうような、心にストンと違和感なく落ちてくる考え方。

 

 

受験生と就活生は四の五の言わずに読みなさい

将来何をしたいかわからない。
けど、とりあえず大学に行っておいた方が選択肢が広がるし、
受験するだけしといた方がいいかも。

ゆうゆう
でも勉強めんどいんだよね……

というお悩みは、おそらく受験生のうち8割くらいはもってる悩みでしょう。

就活生だって御多分にもれず、
自分が本当は何をしたいか見失っているはずだ。そうだろう。

  • 自分が、将来なにをしたいか。
  • 自分が、将来どんな職に就きたいか。

これに対して手紙屋は、

「勉強ってそもそも、なんだ?」
「職業は、やりたいことでも、夢でもない」

主人公が考えつきもしなかった視点から、見つめ直すきっかけを与えてくれます。

 

 

好きなことは仕事にしちゃだめ?

好きなことや趣味は仕事にするなってよく言われますよねえ。

  • 仕事にした途端に楽しくなくなる
  • 嫌になってしまう
  • 趣味は趣味として、本業とはわけて楽しむべき

でもそれと同じくらい、

  • 好きなことじゃないと続かない
  • 真剣になれない
  • 目指すところまで行けない

っていう考えもある。

一体どっち?!  ってなっちゃって、受験生たちは身動きが取れなくなって、
でもどんどん現実的なタイムリミットは迫ってくるから、

自分はともかく、親や先生はとりあえず安心してくれる安牌な選択肢に逃げてしまう

なんか納得できないけど、とりあえずこれでいいかーって。
夢をみられなくなってしまう。

主人公は、そうなる手前で一歩踏み止まって考えます。

 

ゆうゆう
『手紙屋』のくれる助言やヒントが、大切すぎる気づきをくれたから

 

 

いくつになっても夢をみましょうよ

前作『手紙屋』と、この『手紙屋~蛍雪編~』を読んで、
アラサー近くになっても叶えたいと思える夢がザクザク出てきました。

何度も言いますが、この本は若者にこそ読んでほしい!
最近の子には夢がない……なんて言われてますが、そうじゃない。

考えるきっかけがないだけなんじゃないかと思ってます

言葉は使い古されて幼稚かもしれないけど、やっぱり、夢っていい。

そんなことに気づかせてくれる本です。

あなたの夢はなんですか?
よかったらメッセージ・DMできかせてください!↓