私はもう孤独なライターではない !「ゴウサロン」がくれた仲間と環境

オンラインサロンのこと

 

 

おはようございます! ゆうゆう(@yuu_uu_)です!

全国のライターの皆さん。
「ゴウサロン」という天国をご存知ですか……?

 

 

 

”一人ぼっちのライターをつくらない”を信条に、
月商100万円のスーパーライター(こう書くととてつもなくダサくなってしまう)
佐々木ゴウ先生(@goh_ssk)が運営しているゆるライターオンラインサロンです。

 

ゆうゆう
当初はひたすらオーナーであるゴウ先生の愚痴を聞く会として立ち上げられました

 

が!
最早そんなことは影に霞むほど
有益な場と化してしまっているゴウサロン!

今回は、そんなゴウサロンの魅力をお伝えしていきます↓

 

こんなあなたにおすすめ!
・ゴウサロンってなに?
・ライターに特化したサロンについて知りたい
・ゴウサロンが気になるけど決め手に欠けている!迷っている!

 

 

一人ぼっちのライターをつくらない「ゴウサロン」とは?

 

ゴウサロンの一番の信条は、
“一人ぼっちのライターをつくらない”こと。

 

ゆうゆう
ライターって、孤独ですよね

 

リサーチもひとり。
取材もひとり。
書くのもひとり。
納品するのもひとり。

すべてひとりで出来てしまう仕事というのは、とても楽な半面
そのつらさや愚痴を共有し合う仲間がいないということでもあります

 

ゆうゆう
そんな孤独を癒やしてくれるのが「ゴウサロン」!

 

”ゴウフリ”という、クラウドソーシングで稼ぐことに特化した
ライター向けの講座を定期開催している佐々木ゴウ先生(@goh_ssk)がオーナーなので

 

 

ライターが抱えがちな孤独感や
クライアントさんとの理不尽なやり取りによる疲れなんかも
(そんなに多くはないですけどね!!)

類まれなる包容力で癒やしてくれます……!

 

 


その余りにもの有益ぶりに怖くなった小心者の私は、

 

ゆうゆう
なにか……なにか返さなければ!!!

 

という強迫観念にかられ、つい咄嗟にこんなツイートをしてしまったのですが
すぐさまゴウ先生が「そんなこと気にするでない!!!」とリプをくれました…………

神か仏か……

ライターは自分のためにも、
一刻も早くこのゴウサロンにジョインすべきです!!

 

 

シンプルなSlack運用だからわかりやすい&見やすい

そんなゴウサロン、
運用はシンプルな「Slack」というチャットツールを使っています。

 

 

それぞれ「ちょっと相談部屋」「なんでも雑談」部屋があったりなど、
目的に合わせて会話したり
一緒に作業したりしています。

 

 

 

どんな”部屋”があるの?一部を紹介!

ゴウサロンのSlack部屋では、
いったいどんな会話が繰り広げられているのか?

 

ゆうゆう
日々どんな使い方がされているか、
ちょっとだけご紹介しちゃいます!

 

 

ちょっと相談部屋

名前のとおり、
「ちょっと相談できる部屋」です!

たとえば、文字単価の話や
こういう案件は受けてもいいのかな~~? って悩んでしまうときなど、

ライターとしての諸氏先輩方に
ここで訊くことが出来てしまうんですね。

 

ゆうゆう
さらっと書いたけどほんとこれ貴重な場だぞ……

 

なんでも雑談

仕事のこと、それ以外のことも
なんでもわいわい話せる「なんでも雑談」部屋!

私はついつい人見知りを発動させてしまって、
ROM専になってしまうことも多いのですが……

「ROM専歓迎!」とオーナーのゴウ先生が言ってくれているので
気兼ねなくROMのまま楽しむこともできます!

 

作業ソン部屋

ライター同士で集まってわいわい「作業ソン」できる部屋です!

 

 

毎日誰かしらが
入れ代わり立ち代わり作業しているので
「よっしゃ!ちょっと気合い入れて作業するぞ!」って時は
この部屋に入ってがっつり作業します。

 

ゆうゆう
めちゃくちゃ捗るんだ、これが……

 

恋愛相談部屋

そして、最近爆誕したのがこの「恋愛相談部屋」
何故かお姉さま方が多いゴウサロンにおいて

ひたすらゴウ先生が
恋愛相談をする部屋です……!

ただ眺めているだけでも楽しいですし、
人生の先輩方のお話は
第三者の私が見てもとてもためになります。

 

ゆうゆう
恋愛の相談までできてしまう、どんだけ有益なんだゴウサロン!!!

 

 

 

ライターは孤独?「ゴウサロン」に入れば一挙解決

2018年11月に、
これまで勤めていた会社を辞めて
完全フリーランスとして独立した私。

そこには、さぞ孤独な毎日が待っているんだと思っていました

 

ゆうゆう
……が、違いました

 

ライターとしての日々のつらさや、
独特な仕事の大変さや、
同じライターさんにしか相談できない話など、

「ゴウサロン」に出会ったことでたくさんの仲間に出会えて
共有することができるようになったんです!

大げさだと笑われてしまうかもしれませんし、
言葉としてはとっても陳腐ですが、

これからライターとして
どんなに大変な道が続いていようとも
「ゴウサロン」さえあれば耐え抜いていけると信じています。

 

ゆうゆう
ほんとうに、出会えてよかった!

 

ゴウ先生、
これからもついていきます!