『結婚』に価値を感じない自分はおかしくない

ゆうゆうのこと

 

ずっと、じぶんの恋愛観や結婚観に違和感をもってきた。

現在29歳女性。
ふつうに考えたらこの年齢の女性は、一日もはやく相手をみつけて結婚して、
子どもを産んで家庭をつくりたいとおもうのが一般的だろう。

でも、わたしはそうじゃない。

そうじゃないことをおおっぴらに言うのが、わるいことなんだとずっとおもってきた。
だれにそう言ってもあまり良い顔をされないからだ。

なぜ結婚しなきゃいけないのか?

ひとは付き合ったらかならず結婚しなきゃいけないのか。
結婚するまえにはかならず、付き合うという過程が必要なのか。

そもそもどうして男女は結婚しなきゃいけないのか?

ながらく感じていた違和感に、ぴったりとはまる価値観を提示してくれた。
プロブロガーであるあんちゃさんが書かれたnote。

有料noteなので内容の詳細はここでは省きますが、
ああ、わたしが1人のひととずっと付き合えない理由はこれだったんだ、と心底腑に落ちました。

1人のひとをずっと好きでいられない

好きじゃないわけではない。
それでも、ずっと一緒にいたいかと言われるとそうではないし、
毎日連絡を取りたいか身体を重ねたいかと訊かれたらちがうと答える

こういう話は、自分より年齢が上の世代に言ってももちろん通じないし、
同世代にも年下にもびっくりするほど拒否感を示される。

1人のひとをずっと好きでいられない、
付き合っていてもほかに好きなひとができる状態。

結婚という制度や契約にも1ミリたりとも魅力を感じられないし、
万が一するとしてもぜったいに事実婚がいい。

浮気性だと断じないでほしい

わたしは友だちが少ないので、
心から信頼できる付き合いの長い友だちは数人程度なのですが、

先日、その1人と食事をした際に、
「私たちもはやく相手をみつけて結婚しないとね」と言われました。

なんだか自然とわたしも、将来はいずれ結婚するだろう前提に置かれていたことに、
じぶんでもびっくりするくらいに違和感を感じてしまったのですよね。

わたしはちがうなあ、と。
これだけ信頼し合えている間柄でも、
価値観がこんなに食い違うものなんだなあとへんに納得してしまった。

まだわたしのこの考え方については伝えられていないけれど、
いざ話したらどんな顔をされるんだろう。

浮気性だって断じないでほしい。