企業とフリーランスを繋ぐ要!『pasture』を使わない手はない

ゆうゆうのこと

おはようございます! ゆうゆう(@yuu_uu_)です。

あなたは、『pasture』というサービスをご存知ですか?

企業とフリーランスを繋ぐ
画期的なプラットフォームがあるんです。

こんなあなたにおすすめ!
・フリーランスとして仕事をしている
・企業とのやりとりがスムーズにいかないことがある
・もっと楽に企業とやり取りしたい

 

pastureはプロジェクトの発生から請求管理まで
ワンストップで管理が行えます

(※引用:『pasture』公式サイトより)

時に面倒になりがちな企業・フリーランス間の
依頼→発注→請求のやりとりを簡素化させることが可能です。

私は現在兼業ライターで、
主にクラウドソーシングやSNS経由でお仕事を受注しています。

今のところ危険な目に遭ってはいませんが、
いつ何時なにが起こるかわからない……!

ゆうゆう
フリーランスの方は一読をおすすめします!

 

企業とフリーランスを繋ぐ『pasture』とは?

この『pasture』、
基本的にはフリーランス側ではなく、
お仕事を依頼する企業側向けのサービスです。

ただ、今回テストで使わせてもらった限りだと
フリーランス側にも充分すぎるくらいメリットがあります!

  • やりとりが記録される
  • タスクが明確化
  • 発注書や請求書もボタン1つで発行可能!

 

『pasture』ではやり取りが細かく記録される

(※写真はイメージです)

こんな風に、

  • 自分が今どの仕事を請け負っているのか?
  • それぞれ進捗状況はどうなっているのか?
  • 次のアクションは自分が起こすべきなのか?
  • 請求書は発行済みか、未発行か?

など、お互いのやりとりや進捗が一覧でわかるようになっています。

ゆうゆう
言った言ってない論争が起こる心配もない!

フリーランスとして気になる、
押さえておきたい部分、かゆい部分に
ばっちり手が届きます!!

 

タスクが明確化されている『pasture』

 

(※写真はイメージです)

私はライターなので、
主な仕事は記事作成になるのですが
一度に複数の案件を受けていると管理がしきれなくなる時があります。

 

ゆうゆう
仕事があるのはありがたいことなんですがね!!

その点、『pasture』を使えば
受けている案件が一目瞭然!

企業側にとっても、

  • どのフリーランスにどの案件を依頼したか
  • それがどこまで進んでいるのか

明確にわかるようになっています!

1ヶ月約30件の案件があったとしたら、
月に25時間は発注・請求業務に取られる計算になるらしい。
単純計算でも1日に1時間弱は単なる事務作業に割かれていることに……

 

発注書や請求書もボタン1つで発行可能!

『pasture』をつかえば、
面倒な発注書・請求書の発行もボタン1つで簡単発行!

私は個人的に『misoca』を使っていて、
こちらもとても便利で楽なサービスですが、

  • 案件の入力
  • 単価決め

などなど、やはり細部は自分で決めなきゃならない部分も多い。

その点、
『pasture』は最初から企業発信で
やりとりが最初から克明に知らされているため

ゆうゆう
請求料金などの齟齬もなし!

これが個人的に一番うれしい……

お金のことってデリケートだし、
案件が終わってからトラブルにしたくないですもんね。

 

『pasture』フリーランスは登録しておいて損はなし

フリーランス側は無料で使えるサービスなので、
ひとまず登録しておいて損はなしです。

企業側が『pasture』を使用している時のために、
あらかじめ登録しておきましょう!

自分が今までやってきた案件も一覧で可視化できるので、
実績のアピールにもなるのではないでしょうか?

ゆうゆう
私もさっそく活用します!