手っ取り早く非日常を体験できる『銃』中村文則・著

書評

 

こんにちは! ゆうゆう(@yuu_uu_)です!

中村文則さんのデビュー作『銃』を読みました。

 

created by Rinker
¥594 (2019/10/19 22:27:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

こちら、2018年11月に村上虹郎さん主演で
実写映画化もされているみたいですね!

 

映画『銃』公式サイト
http://thegunmovie.official-movie.com/

 

 

中村文則デビュー作『銃』

雨の降る河原で、
本物の銃を拾ってしまった主人公・西川トオル

傍らには、頭を貫かれて息絶えている男。
普通なら、すぐに警察に連絡をして
この銃も手渡さなければならない。

でもなぜか、その銃には妙な魅力があった。

持ち帰ってしまったトオルは、
その銃とともに生活を送るようになる。

 

日常は、つまらない。
けど、私の手元には銃がある

適度な重厚感と、
いつでも人を殺せるんだというある種の安心感が
いつしかトオルの拠り所となっていった。

 

 

手っ取り早く見られる非日常

たまたま手に入れた銃とともに
つまらない日常にメスを入れるような気持ちで
生活を送るようになったトオル。

 

ゆうゆう
ですが、突如現れた刑事の存在によって
物語は急展開します!

 

中村文則さんの作品はこれが初読だったのですが、
淡々と情景を描写するような文章の中にも

ぞくっとさせる言葉が混じっていたりして
最後まで一気に読み通してしまいました

 

ゆうゆう
文庫本巻末収録の短編『火』も
良い感じに狂っています……!

 

 

銃が目の前にあったら、あなたはどうするか?

小説の醍醐味は、
絶対に味わえない人生を追体験できるところにあります。

この『銃』はその典型例で、
河原でたまたま銃を拾う経験なんて
普通の人はしないじゃないですか。

 

ゆうゆう
実際、目の前に本物の銃があったら?
触れる機会があったら?

 

自分だったらどうするか、を想像する
良い材料になると思いました。

淡々とした文章ですし、
ミステリー要素はないので
わかりやすい刺激を求めている人には向かないかも!

 

  • 手っ取り早く非日常を体験したい
  • ひと味違った小説を読みたい

 

そんなあなたはぜひ
手に取ってみてください↓

 

created by Rinker
¥594 (2019/10/19 22:27:47時点 Amazon調べ-詳細)