内向的ビジネスマンの必読書!「内向的な人のためのスタンフォード流ピンポイント人脈術」

書評

 

あなたは内向的ですか?
それとも、外交的ですか?

 

ゆうゆう
どうも、バリバリ内向的な
ゆうゆう(@yuu_uu_)です。

 

ライターなのに
内向的ってだいぶハンデでは?

取材申込したり、
人脈が広くないと情報が
入ってこないよね……?

 

そう思っていたところ、
こんな本を見つけました↓

 

 

「内向的な人のための
スタンフォード流ピンポイント人脈術」!

内向的でも
人脈って広げられるの?

 

そう期待しながら読み始めたのですが、
そもそも「人脈」って
広くなくてもいいみたいなんです。

 

 

 

内向的ビジネスマンは必読の書!人脈は質良く狭める

 

この本は、
内向的でも充分人脈は確保できる、

そもそも人脈は広めるよりも
むしろ好きな人・一緒にいて心地良い人だけに
絞ったほうが上手くいく、ということが書かれています。

 

ゆうゆう
そんな夢みたいな話が
あるのか……?

 

著者の竹下さんいわく、
内向的な人間の人脈術には
「コツ」があるそう!

いくつかピックアップして紹介します↓

 

  • でもという人は相手にしない
  • 名刺交換せずに会話を始める
  • 紙とペンを使って引きつける

 

 

でもという人は相手にしない

「でも……」
「だって……」

会話のスタートが
否定形で始まる人、ってたまにいますよね。

 

ゆうゆう
私もやりがちだから、
意識して気をつけてます!

 

「でも」「だって」という
枕詞からは前向きな案は出てこないので、
この言葉が癖になってしまっている人と
話すときは細心の注意を払うべき。

せっかくビジネスアイデアを話しても
即座に否定されたら
悲しいですからね…!

 

どうせなら、
「いいじゃん!」
「やってみたら?」

そんな風に背中を押してくれる人と
会話する時間を増やしましょう!

 

名刺交換せずに会話を始める

ついつい会った瞬間に
名刺交換を済ませてしまうのがビジネスマン。

 

ゆうゆう
あえて名刺交換をせずに
世間話を始めてしまうのがコツなんだとか

 

名刺交換をしてしまうと、
どうしても会社を所属部署・肩書きなど

定形に嵌まった仕事の話に
終始してしまいがちですよね。

 

本来必要なのは、
もっと本質的な話。

  • この仕事を通じて何がしたいのか?
  • 何を成し遂げたいのか?
  • 情熱を向けているのはどんな分野なのか?

そんな話ができるのは、
名刺を交換する前。

名刺交換は最後にまわして、
まずは世間話をどんどん振っちゃいましょう!

 

紙とペンを使って引きつける

言葉だけで説明するよりも、
紙とペンを使って
図や絵を描きながら説明したほうが

相手にわかりやすく、
また熱意も伝わります

 

ゆうゆう
「メモの魔力」で
前田さんも似たようなことを言ってた!

 

周りよりも一歩抜きん出て
自分の記憶を相手に残したい…!と思った時は

紙とペンを使って
熱意を伝える説明を

 

そのためにも、
常に紙とペンは持ち歩くべきですね!

 

 

5/16(木)に朝渋・著者イベントに登場!

なんと、この「ピンポイント人脈術」の
著者である竹下隆一郎さん、

5/16(木)の朝渋・著者イベントに
登壇されます!

 

 

本に書かれていることで、
もっと突っ込んで聞いてみたい!
と思うことを

著者さんに直接訊けるチャンスです!

 

ゆうゆう
地方だから渋谷に行くのは
厳しいよ……

 

というあなたには、

月額1500円で著者イベントの
ライブ配信が見られる
「朝渋オンライン」もあります↓

 

詳細はこちら↓
朝渋オンライン

 

ぜひ、朝の時間を
充実させましょう!