「捨てる。手を抜く。考えない。」に学ぶ!手抜き仕事術で楽に生きる方法

イベントレポ

 

 

 

こちら、
「捨てる。手を抜く。考えない。」
の著者である

須田仁之さんのトークイベントに行ってきました!

 

ゆうゆう
例によって、
「朝渋」主催のイベントだよ!

 

 

 

あの孫正義さんのもとで
半ば「ブラック」といっても過言ではない
過酷な状況で働いていた須田さん。

そんな体験から生み出された
「手を抜く」仕事術について話す
約1時間半でした!

 

ゆうゆう
実況ツイートからかいつまんで
レポートをお送りします↓

 

 

思考力よりも、まずは「手を動かすこと」!

 

私自身も、
人前で話すことが
大の苦手だったんですが……

 

ゆうゆう
無理やりイベントを主催して
少人数だったとしても
人前で話す体験を重ねたら
いくらかマシになったよ!

 

それと同じで、
コミュ障ほど人の目を見るようにする
人前が苦手な人ほど人前に立つ

これを繰り返していくと
次第に慣れて
得意になっていく……と。

 

 

 

イベントの中では
終始「筋トレ」と表現されていたのですが

どれだけ手を動かすか、
どれだけ行動に移すかがやっぱり大切。

 

ゆうゆう
思ってはいても、
なかなか行動に移せない時もあるけどね……!

 

そんな時は、
ちょっとした日記を書くだけでもいい、と
仰ってました。

 

小さくてもいいから、
何かしらの行動に落とし込むことが
大切ってことですね!

 

 

働き方改革で成長できるのか?

 

働き方改革が叫ばれており、
やれ残業はするな、
ブラック企業から逃げろ、と

声高に言われておりますが。

 

ゆうゆう
それだけじゃ、
自分の力を伸ばすことはできないし
結果成長しないこともあるよ、とのこと。

 

この辺りは賛否両論ありそうですが、
とにかく自分に必要なものは何なのか
見極めて

不要な努力はしないか
手を抜けってことだと理解。

 

 

できるようになるためには、ひたすら練習しかない

 

  • プライドを捨て去ること
  • ひたすら練習すること

 

理想に行き着くため、
出来ないことを出来るようにするためには

とりあえず手を動かす!
実践・実践・実践!

 

ゆうゆう
終始、どこか体育会チックというか
スポ根な雰囲気が漂ってました

 

トークを通して聞いて
思ったことは、

手を抜く=努力をしない
っていうことではないんだな、ということ。

 

必要な努力をする時間を増やすために、
無駄なことは避ける、
手を抜いて省エネ化させる。

そうすれば、
どんどん自分のやりたいことに
時間を避けるってことなんですね、きっと。

 

私の努力の方向は
間違っていないと信じたい……!

そう願ったイベント内容でした。