「メモの魔力」前田裕二さんのメモ術大公開!朝渋イベントレポ

イベントレポ

 

こんにちは! ゆうゆう(@yuu_uu_)です!

本日1/10の7:30から朝渋において、
「メモの魔力」著者・前田裕二さんの
出版記念トークイベントがありました~!

 

 

 

 

朝活コミュニティ朝渋についてはこちら↓
渋谷で朝活をするコミュニティ「朝渋」

 

遠方でも、オンライン配信で
生感覚でイベントに参加できる朝渋すてき……!

実際に前田さん本人から、本への想いを聞くことで
より内容が深く染み入ってくる心地がしました

 

  • 「メモの魔力」読んだけど、メモが続かない!
  • メモ習慣で、より成長するためのマインドセットとは?
  • 他責思考から抜け出すためには「圧倒的な感謝」

 

聞きながらメモしたことを、
このブログでもまとめておきます!

 

 

まず、前田さんの話の聞き方が優しい!

質疑応答のときも、
わざわざ質問者の名前を聞いて

「◯◯さんの場合で言うと……」

って向き合って話してくれるの。

 

ゆうゆう
これはファンになるなって方が無理だぞ!!!

 

話者を包み込むような、
根源的に受け入れてくれるような聞き方
ああ~~好青年や~~~と始終頷きっぱなしでした。

 

 

これからの時代の、本を売る仕組み

 

 

別の記事で、
「これからは本というサービスを売る時代」
とも言っていました。

どんなに良い本を作ったとしても、
もう質や価値そのものだけでは求心力が薄い時代になっていく

 

  • SNSで「人生の軸」を募集する
  • 本のタイトルを当ててもらう
  • 重版ごとに本の様々な箇所が変わっていく仕掛け

 

読者参加型・巻き込み型にして、
コミュニティ単位で売り込む仕掛けをどんどんつくっていった。

 

ゆうゆう
これらのアイディア、ほとんど1つ1分とかで出したらしい……!

 

発売直後17万部の裏には、
壮絶なアウトプットがあったのですね。

 

 

メモの仕方にはこだわりすぎない!

 

  • ノートは見開きで使う
  • 左側は事象、右側に抽象➔転用
  • 標語をつける

 

などなど、
前田さん式メモ術にはシンプルなメソッドがあります。

 

ゆうゆう
ただ、このフォーマットにこだわらなくても大丈夫らしい!

 

形にこだわりすぎて、
メモが続かなくなってしまうのは本末転倒。

自分のテンションが上がるノート・ペンを揃えて、
書きたいことをとりあえず書く姿勢が大切みたいです。

 

 

メモが続かないのは「熱源」がないから

 

 

 

 

1000問の自己分析や、
普段のメモもそうですが

 

ゆうゆう
やりたいとは思うんだけど、続かない!!!

 

そんな悩みに苦しめられている人も多いのでは?

なぜ、メモが続かないのか。
それは、「自分を突き動かす何かを持っていないから」

必要性に迫られないと、
人はなかなか動けない。

抽象➔転用せざるをえないような課題がないのであれば、
「ゲーム化」してしまうのもあり! だと仰ってました。

 

ゆうゆう
たとえば、「話をするのが苦手」なら
「なぜあの人は話をするのが上手いのか?」理由を3つ探すゲーム!

 

どれだけ、必然性を生めるかですね。
個人的にはゲーム感覚の方が楽しめる&燃えるかも!

 

 

他責思考から抜け出すには「圧倒的な感謝」

 

振り返ってみると、
会社に所属して働いていた時代は
ずううううっと「環境のせいにする」他責思考でした

 

ゆうゆう
会社が悪い!社長や上司が悪い!私は悪くない~~~!

 

あの頃は、明らかに
周りへの感謝の気持ちがマイナスを記録していましたね。

他責思考のままでは、
いつまでも成長できません。

これも「感謝ゲーム」みたいにして、
1日のうち、周りの人にどれだけ感謝を伝えられるか?

試してみるゲームにしたらいいかも~~と思いました!

 

 

前田さんのオンラインサロンは1月開始!?

 

なんとなんと!
満を持しての前田さんオンラインサロンは
今月中に開始の方向で準備中だそうです!!

 

ゆうゆう
絶対入りたい~~~~~!

 

入ったら仕事そっちのけで
全力フルコミットするだろうな……!

メモ魔のみなさん、
前田さんのTwitterをチェックだ~~~~!↓

 

前田裕二さんTwitter
https://twitter.com/UGMD